更年期傷害で若年化しない理由とは

更年期障害は若年化しないと考えられています

 

更年期とは、閉経を間に入れた前後10年くらいの期間のことです。

 

女性が閉経する平均年齢は50歳なので、約45から55歳の時期のことです。

 

この時期は、卵胞の低減に同時にエストロゲンの急速な低減が惹起し、脳の視床下部が暫定的な恐慌を惹起します。

 

また、多大なストレスをたくさん溜め込みやすく、過去にはない心身の不調和、自律神経失調症状が発症しやすくなります。

 

更年期障害だと治療が必要不可欠です。

 

更年期障害に似た不定愁訴について

 

ところが近年では、年齢的には更年期に至っていなくても、20代や30代でも更年期障害に似た不定愁訴(気持ちが塞ぐ、胸苦しくなる)の症状が発生する人々が増加しています。

 

こうした症状をジャーナリズムなどでは「若年性更年期障害」と言ってピックアップすることがありますが、実際のところ、真実、更年期障害は若年化しているのでしょうか?

 

20代、30代で更年期症状に類似している不定愁訴を感じたら、まず、自分自身の日頃のライフスタイルを再検討してから。

 

症状がとても強いようであれば、何かの病気になっている可能性が非常に高いので即座に婦人科の診察を受けることがベストでしょう。 

 

更年期障害に似ている症状について

 

更年期障害は卵胞の低減と同時にエストロゲンの急速な低減と人生がシフトする際に惹起する多種多様な圧力をバッググランドにして引き起こされます。

 

本当に時たま、40歳以前に閉経する人もいるにはいますが、その場合に惹起する症状は更年期障害と言ったとしても一向に構わないと思います。

 

ただし、20代や30代に発症する更年期障害に類似しているその他の症状は、ストレスや身体の冷え、乱れた生活習慣による自律神経失調症やPMSと言われている月経前症候群や、それら以外のファクターがバッググラウンドにあることがたいていであって更年期障害とはまったく相違しています。