甲状腺と更年期の関係について

甲状腺ホルモンのバランスの乱れについて

活動し過ぎ、あるいは不活発な甲状腺になっていて、それに全然気付かない、この状況は、現在何百万人ものアメリカ人の状況だそうです。

 

そのうち更年期や前更年期の女性が高い割合を占めています。

 

甲状腺ホルモンバランスの崩れにはすぐには気付けません。

 

今日では、医師がほんの僅かの甲状腺ホルモンバランスの乱れが精神的、身体的健康に重要な影響力を持つということを認めました。

 

甲状腺疾患の症状について

 

?常に疲労感があり、または消尽した状況。
?イライラしやすく気短。
?非常に暑い、あるいは寒さを感じる。
?抑欝症や憂い事、または恐慌状況がある。
?皮膚や髪の変動による苦悩。
?自分の気持ちが優先。
?訳も無く太ったり痩せたりする。
?生きて行くファイトを喪失した。
?睡眠不足、またはあまりよく眠れない。

 

数ヶ月間、エネルギーが余分に溢れ、燃え尽くした感じに襲われたりしませんか?

 

ソワソワしたり、さっき聞いたことをすぐ忘れてしまったり、常に孤独感を感じていませんか?

 

誰かに変わった人だとか言われていませんか?

 

軽度のうつ病で、薬を飲用しているのに、いまだエスプリや気持ちが本来のテンポではないと感じていませんか?

 

または、過去5年間に重症のうつ病で病院のお世話になったことはありませんか?

 

これらの質問の1つ以上にはいという回答があるならば、未診断の甲状腺疾患の病気になったたくさんの人の中の一人であるかもしれません。

 

質問のいくつかは背反 しているかのようですが、すべての質問が甲状腺ホルモンバランスの崩壊を意味しています。

 

甲状腺に関係している症状について

 

また、甲状腺ホルモンバランスの崩れに対する治療を施されたのに、いまだ治療のインパクトのせいで苦悩している状況かもしれません。

 

このような状況はうっかりすると、治療で甲状腺ホルモンレベルが正常になったと思われる後でさえ、後遺症が残ってしまうことがあります。

 

次に、甲状腺ホルモンバランスの崩れで治療を施されたことがある人は、下記の質問に答えてみて下さい。

 

?気分は良好になりましたが、いまだ本調子ではないと思いますか?
?郷土に激しい怒気のバーストがありますか?
?以前と比較検討し、交際で外出することが増えていますか?
?親族や友達の些細なの欠点を許せないと思いますか?
?時たま軽度のうつ状態の様相を呈することがありますか?
?頭の中に憶えていたことがすべて消えてしまってなくなっていることがよくありますか?
?行っていることにたいして没頭できないことが多いですか?
?自分のカレンダーの年頃より高齢者に見えると感じていますか?

 

過去に甲状腺の病気の治療を施されたのに、まだ以上の質問の一つ以上にはいと回答しているようなら、その症状が甲状腺かもしれない見込みが非常に高いです。

 

ただし、これ以上は、苦悩することはありません。

 

『甲状腺の悩みに答える本』を読破すれば、悩みは一気に解決しますよ。