若い人にもみられる?更年期の症状とは

若い女性にも更年期の症状はある?

最近、メンス時期が乱れがちになり、ほてりや手足の冷え、頭痛など多種多様な症状が出てきました。

 

もしかすると、既に更年期障害が始まったのかと悩んでいる若年層の女性が増えています。

 

日本女性の平均的な閉経年齢は、50歳前後だそうです。

 

この直前と直後のおよそ10年間ほどの機関が更年期と言われており、卵巣作用がおもむろに低減して行きます。

 

そのため、閉経が接近すると、卵巣から分泌されるエストロゲンの量も減少します。

 

若い女性にも更年期症状があります

 

そもそも更年期障害に陥ると、脳から、エストロゲンの分泌が不足している状態なので、もっと分泌すべきという指令が卵巣に到達します。

 

つまり、卵巣からエストロゲンが分泌される機能は既に無い状態なはずなのに、脳からは卵巣を刺戟するホルモンがどんどん分泌されます。

 

こうしたホルモンのバランスが崩れるとともに自律神経も作用が滞り、更年期障害が惹起するのです。

 

ところが、最近まだ20代、30代のうら若い女性も、生理不順に陥ったり、メンス自体が消滅し、更年期障害と同様の症状を訴える人が増加しました。

 

これを総称して、「若年性更年期障害」という言葉が誕生します。

 

この中には、多種多様な原因で実際に閉経する人も実際多いようです。

 

には1年以上無月経状態だと閉経として扱われます。

 

そして、43歳以前に閉経を迎えることを「早発閉経」といい、病的な状況と考慮しています。

 

それより短期間、たとえば月経が無くなり半年ほどであれば、「続発性無月経」と言います。

 

若い世代の人に更年期障害と似た症状が見られる原因

 

しかし、若い人で実際に早発閉経になる人はほんの僅かです。

 

当然、中には40代前半で閉経になってしまう人もおり、その時は、30代後半から更年期障害が現れることさえあります。

 

それでは、かなり若い世代の人に更年期障害と類似した症状が見られる原因は何なのでしょうか。

 

この場合は、ストレスや強引なダイエット、食生活などの乱れなどが、大きな要因だと言われています。

 

または、スポーツ選手などだと、過激なスポーツが原因なことが多いようです。

 

これらのファクターが、卵巣の作用を低減させたり、または卵巣の作用はノーマルでもホルモンのバランスが崩壊し、更年期と同様の症状が発症するのだそうです。

 

症状は、ほてりや手足の冷えのみでなく女性ホルモンの低減による骨量の低減、膣の乾燥や萎縮、脱毛、さらには精神的にもうつや不安などが惹起することがあります。

 

それらのことを別にして考えても、月経不順や無月経は女性にとって、予断を許さない状態です。

 

婦人科でしっかりと検査を受け、処置するようにしましょう。