エクオールの基礎知識!抑えるべきポイントとは

エクオールの基礎知識

大豆イソフラボンから作られる「エクオール」は、<エストロゲン>に似たはたらきをして、更年期の諸症状と深い関わりがあることが知られています。

 

また、更年期の諸症状のほかにも、コラーゲンの増加や皮膚のハリ、しみの改善、骨密度などと関わりが強いこともポイントで、40代以降の更年期の症状に悩んでいる女性にはおすすめできます。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性は、一生を通じてホルモンの状態が変動しているのが特徴です。

 

月経時や妊娠時、更年期時はとくに顕著であるほか、近年は、社会進出にともなうストレスの増大なども引き金となって、ホルモンバランスは日々乱れやすくなっているといえそうです。

 

ホルモンバランスの乱れは、自律神経などに影響を及ぼし、さまざまな体の変調を引き起こします。

 

具体的な症状には、手足の冷えや月経不順、下腹部や腰の痛み、のぼせなどがあげられます。

 

エクオールとは?

 

「エクオール」は、大豆イソフラボンを構成する成分ダイゼインが体内で乳酸菌により分解されて生じるものです。

 

大豆というと、大豆ペプチドなどと並び、大豆イソフラボンの認知度が高く、90年代から更年期の女性の健康維持などに用いられてきました。

 

そして、2000年代になると、研究レベルでは、大豆イソフラボンそのものよりも、大豆イソフラボンの成分のひとつであるダイゼインが腸内細菌などによって分解され、その結果生じる腸内分解物「エクオール」がクローズアップされるようになりました。

 

イソフラボンのバラツキ?

 

大豆イソフラボンの分解物質である「エクオール」と更年期との関係についての研究が進むなかで、徐々に判明してきたのが「エクオール」の産生に個人差があることです。

 

「エクオール」産生菌をもつ人は、日本人で約50%、欧米人では約30%程度しかいないことがわかってきたそうです。

 

こうした研究から、これまで大豆イソフラボンによる試験にバラツキが出ていたのは、「エクオール」が作られていなかったからという考えも生まれ、「エクオール」への注目度は高まりつつあるようです.