更年期サプリの特徴とおすすめのポイントを紹介

疲れとストレスは更年期から

体力不振の原因は、ずれてやってきた更年期といえるもののようで、他人よりも10年くらい遅れてやってきたといえるようだ。

 

更年期はだいたい50歳代からはじまって、60代でおわるといわれているところがある。自分の場合、症状が軽かったタイプのようで油断をしていたことが原因のようだ。

 

最近の症状としては、軽い耳鳴りや動悸?のようなものがあって疲れがなかなかとれ切れないといったことで、昼間から眠たいことが続く。また、「眠たい」と床に入ってみてもなかなか寝付かれないことが多く、そのため睡眠不足の悪循環にも陥っているみたいだ。

 

疲れとストレス

 

よく疲れはストレスからのものが多く、それをうまく解消することが必要だといわれている。

 

ではストレス解消をするのはどうすればいいか?

 

それはドライブなど日ごろと違うことをすることで、けっこうストレス解消になるのではないだろうか?

 

疲れにも2種類あって、疲れを解消することのできる疲れとなかなか解消できない疲れとがあるので、どうしても体をこき使うことで夜もぐっすりと眠ってしまいたくなる人もいる。

 

疲れと睡眠について

 

ストレスを解消するために、「よくお酒を飲む」といった人もいるかもしれないが、これは逆効果でとても体のためにはよくないことだ。

 

薬やサプリメントのことも考えようでは逆効果の場合があって、やはり飲みすぎには注意は必要となってくるだろう。

 

いろいろな病気、それはやはり「疲れのためこみ」からきていることが多い。

 

なので、昼間でも許すことなら軽く1時間でも「昼寝」することがおすすめとなってくる。

 

大きな病気と疲れ

 

たまった疲れを解消する睡眠とは起きたときにスッキリと「自分は疲れていたんだ」と自覚できるような不眠解消ができるものかもしれない。

 

何にでも原因があってその原因に早く気がつくことは本当に大切なこととなってくる。

 

それは毎日食べているものが原因となったり、ビタミン剤でも自分で選んで飲むことも多くなっているので、病院が遠のいているのはわかってはいるが、もしかしたら重大な病気が隠されている場合もある。